受継がれる家の写真
受継がれる家の写真

Case.50

受継がれる家

View Scroll

受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真
受継がれる家の写真

築200年の歴史ある母屋を背景に、息子さん世帯の住居と門、車庫を新たに増築した。
「母屋との調和」がこの計画の課題であり、施主からの要望でもあった。
離れをつくるというと、母屋に対してどこか遠慮がちになり、形や雰囲気も時間がとぎれたような、不自然な印象を受ける事例が多いように思う。
これらを解決する手段として、母屋と新しく生まれる建築に共有する場をつくること。それにより、世代の違うそれぞれの時間が連続し、シンクロして動き出すと考えた。
家族が集うLDKや、玄関アポローチをあえて母屋の前に設け、中庭越しに子供たちの息吹を母屋にに届ける。
祖父母は子どもたちから元気をもらい、子どもたちは祖父母から経験と知恵を授かる。
人と同じく、建物もそれぞれの存在がお互いの価値を輝かせる、そんな関係性であって欲しいと願う。

Data

所在地 大阪府
竣工 2000年
延床面積 175.14㎡(52.97坪)
構造 木造2階建て

Designers

小山 信行の写真

一級建築士

Nobuyuki Koyama

受継がれる家

Data

所在地 大阪府
竣工 2000年
延床面積 175.14㎡(52.97坪)
構造 木造2階建て

Designers

小山 信行の写真

一級建築士

Nobuyuki Koyama

  Prev